This page:初めての海外旅行ガイド TOP > 出発~到着までのポイント > 機内にて > 到着前に機内でしておくこと

到着前に機内でしておくこと

現地到着が間近になると機内では、入国カードと税関申告書が配られます。

入国カードには、名前、性別、パスポートナンバー、生年月日、便名などを書くようになっています。

税関申告書には、税金のかかる荷物などを持ち込んでいるかどうかを書きます。

記入は英語もしくはローマ字です。

国によって項目が異なるのでこちらのページを参考に事前にチェックしておきましょう。

いざ着陸が近くなると、到着予定時刻や現地の天候・気温などがアナウンスされます。

服装を現地の気候に合わせたものに整えて、腕時計も現地の時刻に合わせておきましょう。

身の回り品も整理して、借りていた毛布なども返却しましょう。

入国手続きに必要な書類(パスポート・入国カード・税関申告書・荷物引受証など)をもう一度確認し、すぐに取り出せるようにしておきましょう。

飛行機が着陸態勢に入るときには、ベルト着用ランプが点灯するので、シートベルトを締めて、リクライニングを元の位置に戻します。

着陸してから飛行機が完全に静止してから上の荷物入れに入れていた荷物などを取り出しましょう。

忘れ物がないかを確認して出口へ向かいましょう。