This page:初めての海外旅行ガイド TOP > 出発~到着までのポイント > 自宅~空港

自宅~空港

出発前日から当日出かけて空港に着いて飛行機に乗るまでのポイントや注意点など


出国手続きの流れ

出国手続きとは、空港で行う日本を出国するための手続きのことで、以下の流れで行われます。

  1. 搭乗手続き(チェックイン)
    利用する航空会社の専用のカウンターで係員にパスポートと航空券を提示します。
    座席番号や搭乗ゲート番号が書かれた搭乗券(ボーディングパス)を受け取ります。
    荷物を預ける場合はここで預けて、荷物引受証(クレームタグ)を受け取ります。
    ツアーの場合は、添乗員が済ませてくれるので、搭乗券を集合場所に行って、指示に添乗員の指示に従いましょう。
  2. 税関
    搭乗手続き(チェックイン)を終えた後は、場所を移動して税関に行きます。
    税関とは、高価な外国製品などを持ち出す場合に必要な手続きです。
    該当する人は「携帯出国証明申請書」に必要事項を書きスタンプをもらって帰国時まで大切に保存しておきます。
    帰国したときに外国で購入した製品だと思われて課税されないようにあらかじめ申告しておくための手続きです。
  3. 出国審査
    出国審査とは、出入国管理法に基づいて国が出国者をチェックする手続きのことです。
    パスポートと搭乗券と出入国カードを提出します。
    出入国カードはカウンターのそばにおいてあるので、審査を受ける前に記入しておきましょう。
    ツアーの場合はあらかじめ配布されるので、前もって記入しておきましょう。
  4. 免税店でお買い物
    出国審査を受けたあとは免税店でお買い物もできます。お酒やタバコや買い忘れた旅行用品などを購入できます。
    ただし、報告先の国の免税枠を超える買い物をしてしまうと入国の時に課税されるので注意しましょう。
  5. 手荷物検査
    テロやハイジャックなどの犯罪防止のための手荷物検査とボディチェックを受けます。
    手荷物のエックス線検査を受けて、金属探知機のゲートをくぐります。
    反応しそうなものはあらかじめおいてあるかごに入れておきましょう。
  6. ついに搭乗
    手荷物検査が終われば出国の手続きはすべて完了です。
    利用するゲートの場所を確認して、待合ロビーや喫茶店、売店などで搭乗開始のアナウンスを待ちましょう。

出発当日に気をつけること

1、出発当日は遅くても2時間前には空港に到着しよう。

空港では搭乗手続きやらなにやらで意外と実際に飛行機に乗るまでにしなければいけないことも多いです。
時間ぎりぎりだと思わぬアクシデントの元にもなるので、時間には余裕を持って出発しましょう。

またバス・タクシーなどは交通事情により渋滞などに巻き込まれる可能性もあるので、利用する場合は十分、時間には余裕を持って行きましょう。

空港まで遠い場合は、前日に空港近くのホテルに宿泊したり、知人のお宅に泊めてもらうと朝早い場合非常に楽です。

2、空港への交通手段をしっかりと確認・確保しておきましょう。

日本の国際空港は中心部から離れたところにありますが、リムジンバスや鉄道、タクシーなど交通アクセスは充実しています。

バスやタクシーを使う場合は、渋滞などの時間もしっかりと計算に入れておきましょう。

マイカーを利用する場合も同様ですが、プラス駐車場の手配も忘れずに。

空港へのアクセスで一番確実なのが、電車ですね。

渋滞がないので、よっぽどのトラブルがない限り遅れることはありませんし、便利で快適です。