This page:初めての海外旅行ガイド TOP > 出発~到着までのポイント > 機内にて > 機内での過ごし方

機内での過ごし方

飛行機の入り口ではキャビンアテンダントが出迎えてくれるので、搭乗券を見せて、自分の
席へ向かいましょう。

自分の席についたら快適に機内で過ごすために手荷物の整理をしましょう。

軽い荷物は上部の荷物棚へ収納します。

重いものや壊れやすいものは座席下に置きます。

収納できない場合は客室乗務員に頼めば別に預かってもらうこともできます。

スリッパなどを持ってきていれば履き替えてリラックスするのもいいでしょう。

座席周りには様々な設備があります。
そのうち救命胴衣と酸素マスクについては離陸体制に入ると客室乗務員から説明があるので、しっかりと聞いておきましょう。

また座席のポケットには機内の案内書なども入っているので、一応目を通しておきましょう。

離陸時にはシートベルトボタンが点灯するので、シートベルトを締めて、リクライニングを元の位置に戻します。

離陸が完了し、飛行機が水平飛行になるとシートベルトを外して、リクライニングチェアを倒してもOKです。

水平飛行になるとドリンクや食事などの機内サービスも始まります。

ちょっとした薬や毛布やドリンクなどは頼めば無料で用意しれくれるので、「~~~プリーズ」という感じで客室乗務員に頼みましょう。