This page:初めての海外旅行ガイド TOP > 出発~到着までのポイント > 機内にて > 機内サービスの種類や設備

機内サービスの種類や設備

飛行機が水平飛行になるとシートベルトも外してリクライニングも倒してひとまず落ち着きます。

さて、せっかく長時間乗ることになる飛行機内もせっかくなので楽しみましょう。

機内ではいろいろなサービスを無料で受けることもできます。

まずはドリンクサービス。

客室乗務員に頼めば、ソフトドリンクのほかにもビールやウイスキーなどのアルコールも無料でいただけます。(アルコールは有料の航空会社もあります。)

客室乗務員が日本人の場合はもちろん普通に日本語でOKですが、外国の航空会社を利用している場合は、外国人の客室乗務員が通常なので、英語でお願いすることになります。

そんなに難しい英語じゃなくて、「(欲しいもの)プリーズ」、もらったら「サンキュー」。こんな感じでOKです。

ほかにもトランプやなどの簡単なゲームや毛布、新聞・雑誌、胃薬、酔い止めなどの常備薬なども頼めば無料で用意してくれます。

航空会社によって内容は変わる場合がありますが、何か希望があるときは客室乗務員に聞いてみましょう。

また機内設備で重要なものがトイレですね。

長時間のフライトになる場合は、何回も利用することになるでしょう。

トイレの表示の「VACANT」は空いていることを意味し、「OCCUPIED」の場合は使用中を意味します。

トイレのドアロックはきちんとしましょう。ドアロックと連動して使用中か空きかの表示が点灯するので、他の乗客の方の迷惑になってしまうからです。

ほかにも座席には音楽や上映しているテレビや映画の音声を聞くためのイヤホンや、読書用のランプなどもあります。