This page:初めての海外旅行ガイド TOP > 出発~到着までのポイント > 到着後 > 到着後の入国手続きの流れ

到着後の入国手続きの流れ

飛行機から降りたら入国手続きが待っています。

入国手続きは以下の流れに沿って行われます。

  1. 到着
    「Arrival」という表示に従って進みましょう。
    人の流れについていっていると入国ではなく、トランジット(一時寄航)やトランスファー(乗り換え)だったりすることがあるので注意しましょう。
  2. 検疫
    最近では入国時に検疫を実施している国はほとんどありません。もし検疫を実施していたとしてもイエローカードの提示だけでほぼパスできます。
  3. 入国審査
    入国審査は、「IMMIGRATION」と表示されています。
    係官に、パスポートと入国カードとビザ(必要な場合)を提示します。
    たいていは事務的にポンとパスポートに印鑑を押して通過できますが、国によっては入国目的や滞在日数などを聞かれたり、帰りの航空券の提示を求められたりする場合もあります。
  4. 荷物の受け取り
    無事に入国審査を通過したら、次は預けていた荷物の受け取りに向かいます。 「Baggage Claim」の表示に従って進み、自分が乗ってきた飛行機の便名が表示されているターンテーブルの前で待ちましょう。
    万が一、自分の荷物が破損していたり、紛失にあった場合は、「Lost&Found」と書いてあるカウンターへ申し出ましょう。
  5. 税関
    税関は「CUSTOMS」と表示されています。赤いランプの「Declare」(申告が必要)と緑のライト「Not Declare」(申告不要)のカウンターに分かれているので、該当のカウンターに機内で記入した税関申告書を提出しましょう。
    荷物をチェックされることはめったにないですが、もし求められたときは素直に指示に従いましょう。
  6. 入国
    ここまでくれば晴れて入国です。
またパックツアーの場合で、何かトラブルが発生した場合は添乗員を呼んで対応してもらいましょう。