This page:初めての海外旅行ガイド TOP > 計画を立てよう > 旅行のスタイルと目的を考えよう

旅行のスタイルと目的を考えよう

楽しい海外旅行にするためにはしっかりとした目的と明確な旅のスタイルを決めておいた方が確実です。


プランをしっかり練り込もう

初めて海外旅行に行くとなると浮かれてしまって、あれもしたい、これもしたいとあれこれ目移りしてしまって欲張りすぎるものです。

ですが、あれもこれもと欲張りすぎると結局どれもが中途半端になってしまって何をしに行ったのかよく分からない中途半端な海外旅行になってしまいがちです。

また予定を詰め込みすぎると日程に無理が生じて、体調を崩してしまったり、せっかくの初めての海外旅行がただ忙しいだけのものになってしまうこともあります。

せっかく海外に行くのだからと色々したくなる気持ちは分かりますが、できないことは次回にとっておこうと思えるくらいに余裕のある旅行にしたいものです。

そのためにも事前にしっかりと旅行の目的を決めて、いつ、誰と、どこへ行って何をするのか、などプランを練りに練って予算や日程を組みたいものです。

一口に海外旅行の目的と行っても人によって色々あると思いますが、たとえば、観光名所を廻る旅であったり、海外のおいしいものを食べるグルメツアーであったり、ショッピングを楽しむツアーであったり、スキューバダイビングや登山などのスポーツなどを楽しむツアーであったりと様々です。

また一人旅でマイペースに行くのか、家族や友人と行くのか、子供と行くのか、お年寄りと行くのかなど誰と行くのかでも海外旅行のプランは変わってきます。

日程にしても2泊3日なのか、1~2週間以上かけてゆったりと行くのか、など旅行の期間によってもプランの立て方は変わってきます。

限られた予算と時間のなかで初めての海外旅行を充実した楽しいものにするためにはどういう旅行にしたいのかしっかりと目的を立てて、プランを練るようにしましょう。

あえて目的のない旅行もあり

前回、初めての海外旅行を成功させるにはしっかりと目的を決めて事前にプランを立てましょうとお話しました。→ プランをしっかり練り込もう

ですが、日程が許すのであれば一日くらいは何も計画を立てていない目的のない日を入れてもいいでしょう。

旅慣れた人というのはあえてプランを立てずゆったりと海外旅行を楽しんでいる人が多いです。

初めての海外旅行の場合はなかなか目的を持たずゆったりと過ごす余裕は持てないかもしれませんが、分刻みのスケジュールで観光名所を忙しく廻るツアーよりももしかしたら得るものが多いかもしれませんね。

たとえば、私はバリに行くときには現地で宿泊するホテル以外、一切予定は立てません。

現地に着いてホテルでゆったりしながらお腹が減ったらランチやディナーを食べに出かけ、日中はホテルの部屋やプールサイドで読書を楽しみ、読書に飽きたら街に出かけてぶらぶら散歩を楽しみます。

ちょっと疲れたらカフェに入って一休みしながら次はなにをしようかな?ってのんびり考えます。

日本での忙しい日々を忘れてゆったりと癒される時間です。

こんな旅行も時にはいいかもしれませんよ。

海外に行ったら絶対何かしないといけない!!って思っている方はぜひ参考にしてみてください。

情報収集は大事です

初めて海外旅行に出かけると決めたらまず始めたいのが情報収集です。

最新のもので、正確な情報をできるだけ多く集めて比較検討したいものです。

情報を集め方には色々とありますが、メジャーなところでは、ガイドブックや専門情報誌、雑誌などが参考になります。また旅行会社の店頭に並んでいる無料のツアーパンフレットも色々ともらってきて眺めてみるだけでも色々な情報が手に入ります。

もちろん旅行代理店に出向いて、実際に窓口でいろいろと質問するのもいいですね。

さらに意外と知られていないですが、政府観光局では、資料も充実していて、相談にも親身になって乗ってくれるので近隣の方はぜひ活用しましょう。

また、一番、信用できて正確な情報は実際に行った人の生の情報ですね。

友人・知人にそのような人がいればぜひ相談してみましょう。

旅行会社などからは得られない生の情報を手に入れることができるはずです。

近くにそのような人がいない場合はインターネット上の旅行情報サイトなどの口コミを参考にするのもいいでしょう。

ただし、情報収集もほどほどにするのも初めての海外旅行を成功させるコツでもあります。

実際に行ってみて、「あ~調べていた通りだ!」ってなるのも安心できていいですが、新鮮さがないのも事実。
ここらへんは各人の好みにもよりますが、現地での思わぬ出来事を楽しむくらいの余裕は欲しいですね。

そんなわけで初めて海外旅行に行く場合の情報収集はほどほどに、それでいて最低限の情報はきっちりと集める。というのがポイントです。