This page:初めての海外旅行ガイド TOP > 準備と持ち物 > スーツケース > ソフトケースorハードケース?

ソフトケースorハードケース?

スーツケースには大きく分けて硬い素材でできた丈夫なハードケースタイプとナイロン等のやわらかくて軽い素材を利用したソフトケースタイプがあります。

両タイプとも一長一短ありますので、好みや目的にあった使いやすいものを選ぶ必要があります。

  ハードケース ソフトケース
メリット 丈夫で耐久性が高い
セキュリティが高い
防水性が高い
防塵性が高い
軽い
パッキングしやすい
デメリット 重い 強度が弱い
水濡れに弱い
セキュリティが弱い
最近は背負ったり肩に掛けたりでき、持ち運びにも便利なソフトケースが人気です。

小型のソフトケースなら飛行機に手荷物として持ち込むこともできるので、ターンテーブルで長々と荷物待ちをしたり、飛行機での破損や紛失の心配もしなくていいです。

ただし最近のものはかなり丈夫になったとはいえ、ハードケースに比べると防水性、防塵性、耐久性などの面では劣ります。

一方のハードケースは重くて持ち運びが大変ですが、その分防水性、防塵性、耐久性などの強度に優れています。空港で預けた場合はかなり雑に扱われますから、強度が高いハードケースは安心です。またドイツのトーマス・ワグナー社のスーツケース「タイタンゼノン」のようにハードケースでありながらソフトケース並の軽さの製品もあります。