This page:初めての海外旅行ガイド TOP > 準備と持ち物 > スーツケース > その他のスーツケース選びのポイント

その他のスーツケース選びのポイント

■キャスターの数
  2輪キャスター 4輪キャスター
ポイント 小型から中型のハードケースやソフトケースのスーツケースで多く使われています。キャリーハンドルを引き出して斜めに倒すような形で移動します。重さが半分かかってくるので大変な場合がありますが、その分機動性があり、ちょっとしたでこぼこ道では4輪よりも扱いやすいです。 中型から大型のハードケースのスーツケースで採用されています。2輪に比べて安定性があり、どの方向にもスムーズに動かせます。反面でこぼこ道や石畳には向きません。
■ワンポイントメモ

1、圧縮袋を活用しましょう。

圧縮袋は衣類などを入れ後、空気を抜いてぺちゃんこにできる袋です。

着終わった衣類などは圧縮袋に入れることでスペースを増やすことができます。

2、スーツケースベルト

スーツケースベルトはスーツケースのロックが取れてしまったときなどにパカッと開いて中身が散乱するのを防いでくれます。また空港のターンテーブルで自分のスーツケースを探すときの目印にもなります。

2、壊れたとき

3、テロ対策の荷物検査にご注意!

4、無料手荷物許容量:受託手荷物について

5、機内持込可能サイズ